音声付きGoogleスライドの作成方法

このページでは、音声付きGoogleスライドの作成方法について説明します。

音声を録音する

こちらのページを参照して、音声ファイルを作成してください。

Googleスライドに音声ファイルを貼り付ける

・まずは、先程作成した音声ファイルをGoogle Driveに保存します。

【注意事項】音声ファイルはmp3形式のファイルのみ貼り付けることができます。

・Google Driveにアクセスしてから、左側の「マイドライブ」をクリックして開き、音声ファイルをドラッグアンドドロップします。

・音声ファイルがアップロード(保存)されました。

・次にGoogleスライドを開きます。

・メニューの「挿入」をクリックしてから「音声」をクリックします。

・「マイドライブ」をクリックして、先程アップロードした音声ファイルを選び、「選択」をクリックします。

・スピーカーアイコンが表示されます。これで音声が貼り付けられました。

・右側にある「音声再生のオプション」から、再生開始のタイミングや、音量調節、音声をループさせるか等選択できますので、適宜変更してください。

(オプション)

・スピーカーアイコンの色を変更することができます。「色を変更」をクリックすると一覧が表示されますので、好きな色を選択してください。

(オプション)

・スピーカーアイコンの透明度や明るさを調整することもできます。「調整」をクリックすると「透明度」「明るさ」「コントラスト」が調整できます。

以上の操作を、音声を貼り付けるスライドの各ページに対して行ってください。

Googleスライドを動画に変換する

・メニューの「ファイル」→「ダウンロード」→「Microsoft Powerpoint (.pptx)」を選択しクリックします。

・ファイルの保存画面が出てきますので、場所を名前を適宜変更して自分のパソコンに保存します。

・保存したファイルをMicrosoft Office PowerPointで開きます。

こちらのページを参照して、動画ファイルとしてエクスポートしてください。

動画ファイルをWebexにアップロードする

こちらのページを参照して、動画ファイルをWebexにアップロードします。

音声付きGoogleスライドの作成方法についての説明は以上です。