iPad/iPhoneの画面を共有する
(Macのみ

MacOS のWebex Meetings であれば、iPad/iPhoneの画面を共有することができます(MacOSのみです。この機能はWindowsには対応していません)
本ページでは、iPad/iPhoneの画面を共有する方法について説明します。

iPad/iPhoneの画面を共有する

Webex標準機能を利用する方法


  • 以下の画像のようにMacとiPad もしくはiPhoneを接続します。

  • ここでは、Mac側はThunderbolt-3 (USB Type-C)、iPad側はLightningをUSB-C - Lightning ケーブルで接続しています。

  • Mac OS で Webexのミーティングを開始します。下部の「コンテンツ共有」ボタンを押します。

  • 最下部までスクロールし、「iPhone or iPad Screen」という項目を選択して「共有」ボタンを押します。

※なお、「iPhone or iPad Screen」の共有を実行する場合は、左上のプルダウンメニューから「テキストと画像に最適化」を選択していなければなりません。

  • 共有が開始されると、「Share iPhone or iPad Screen」の画面が起動します。接続されているiPadの画面が表示されます。

  • iPadの操作内容が、リアルタイムで反映されます。

※主催者の画面上では、iPadの画面を拡大表示することはできません。

  • 以下は、参加者から見た画面です。iPadの画面が表示されていることが分かります。

QuickTime Playerを利用する方法

Webex標準機能を用いたiPad/iPhone画面の共有方法ですと、主催者の画面上で共有されたiPad/iPhone画面を拡大表示することができません。例えば、ハイブリット型の授業を行う際に、スクリーン上に主催者側の画面を表示する必要があり、画面を拡大表示したい場合は、以下の方法をお試しください

  • 以下の画像のようにMacとiPad もしくはiPhoneを接続します。

  • ここでは、Mac側はThunderbolt-3 (USB Type-C)、iPad側はLightningをUSB-C - Lightning ケーブルで接続しています。

  • Mac標準アプリケーション「QuickTime Player」を起動します。

  • アプリケーションメニューより、「ファイル」をクリックし、「新規ムービー収録」を選択します。

  • ムービー収録が起動します。録画ボタン横の「V」をクリックし、カメラを「iPad」に変更します。

※録画ボタンを押す必要はありません。

  • 画面上に、iPad/iPhoneの画面が表示されました。

  • Mac OS で Webexのミーティングを開始します。下部の「コンテンツ共有」ボタンを押します。

  • アプリケーション一覧から「QuickTime Player」を「共有」します。

  • WebexMeetingsでQuickTime Playerが共有されました。

  • QuickTime Playerを拡大表示すると、主催者画面で以下のように表示することができます。

iPad/iPhoneの画面共有方法の説明は以上になります。