画面共有を始める前の事前設定
(Macのみ)

Webex MeetingsのMac OS版デスクトップアプリで利用できる画面共有機能についてまとめます。

画面共有を始める前に

  • Mac OSの場合、はじめてWebex Meetingsの共有機能を利用する際は、以下のように表示されている場合があります。

  • セキュリティの観点から、MacOS上で画面共有機能の利用を許可するように設定を変更する必要があります。

なお、この設定変更を行うと、一度すべてのミーティングを終了してCisco Webex Meetingsを再起動する必要があります。Mac OSで画面共有機能を使う場合は、必ず本番の授業等の前に設定を行うようにしてください。


  • 下図のようにメッセージが表示されるので、「システム環境設定を開く」(Open System Preference)を押します。

  • MacOS のシステム環境設定が起動し、設定変更が必要な箇所(セキュリティとプライバシー→プライバシータブの中にある画面収録)が表示されます。

  • ここで、画面収録を許可するアプリのリストの中に Cisco Webex Meetings が表示されます。

  • この設定画面でCisco Webex Meetings の左にあるチェックボックスにチェックを入れる(レ点が入る)ようにします。

  • チェックを入れると、以下のポップアップが表示されます。

  • ここで「今すぐ終了」を押すと、進行中のミーティングも終了し、Cisco Webex Meetings を終了します。

  • 後で行う」を押す場合は、自分でCisco Webex Meetingsを終了する必要があります。

  • Webex Meetings を再起動します。

  • もう一度ミーティングへ入ると、下部の「コンテンツを共有」ボタンが黒色になり、押すことができます。

画面共有を始める前の設定についての説明は、以上です。