特定のアプリを共有する(Windowsアプリ)

Webex Meetingsのデスクトップ版アプリ(Windows)で利用できる特定のアプリを共有する機能を紹介します。

特定のアプリケーションを共有する

画面全体ではなく、特定のアプリケーションだけを表示・共有する方法もあります。

  • まず、共有したいアプリケーションを起動します。例えば、Microsoft Wordを共有したい場合はMicrosoft Wordを起動します。

  • 次に、Webex Meetingsのミーティングから「コンテンツの共有」ボタンをクリックします。

  • 特定のアプリケーションを共有する場合は、2段目以降(図の青色で囲っている部分)に表示される、アプリケーションを選択します。

※アプリケーションは起動しているものしか表示されません。

  • ここからMicrosoft Wordを探して、マウスカーソルを合わせると「共有」ボタンが表示されるので、クリックします。

  • 共有が開始されると、指定したアプリケーションのみが参加者に表示されます。この場合は、Microsoft Wordのウィンドウのみが参加者と共有されます。また共有中のウィンドウ上にのみ、緑色の「共有中」というマークが表示されます。

  • 下図は参加者から見た共有画面です。共有中のアプリケーションのみ表示され、それ以外の部分は黒色となります。

アプリケーションの共有を終了する場合は、上部のメニュー項目の「共有を停止」ボタンをクリックします。

特定のアプリを共有する(Windowsアプリ) の説明は以上です。