Webex Meetings 使用時の注意点

このページではWebex Meetings使用時の注意点についてまとめております。

基本設定の「ミーティングコンテンツを共有」について

Webex Meetings基本設定とスケジュールの設定によっては、ミーティング招待メールを送信した出席者へ自動的に録画のリンクが送信されてしまいます。
具体的には、

  1. 基本設定「スケジューリング」タブにある「ミーティングコンテンツを共有」にチェックを入れる

  2. ミーティングをスケジュールする際に出席者のメールアドレスを登録している


以上を行なった場合は、その出席者に対して動画の生成完了時点で動画へのアクセスリンクが記載されたメールが送られるようになります。この点、十分ご注意ください。

共有された画面の見え方について

画面共有、もしくはアプリ共有を行う際は、お使いのコンピュータのディスプレイ解像度にご注意ください。ディスプレイ解像度が大きければ大きいほど、参加者側から資料等の表示が小さくなる場合があります。

詳細は、画面共有まとめよりご確認ください(Windows | Mac

Meetingsのセキュリティ設定について

Meetingsをスケジュールする際に、セキュリティの観点から設定を推奨する項目があります。


  • 本学教職員・学生のみのアクセスに制限する
    ミーティングへのアクセスを、青山学院が発行しているWebexアカウント保持者(教員・学生)のみに限定したい場合は、ミーティングスケジュール作成時に、詳細設定を表示して「ロック解除されたミーティング」より「ゲストはミーティングに参加できません」を選択します。

  • リモート操作を禁止する
    ミーティングスケジュール時の初期設定では、画面共有している参加者のPCを遠隔で操作する(リモート操作)の機能が利用できるように設定されています。参加者がこの機能を利用してリモート操作を要求することができ、画面共有している参加者が許可を押してしまうと、参加者がPCを遠隔で操作することができてしまいます。リモート操作機能を使わない場合は、この機能も禁止するように設定しておくことをお勧めします。

リモート操作を禁止するためには、ミーティングスケジュールの際の「詳細設定を見る」から「出席者権限の編集」をクリックします。表示されるダイアログで「アプリケーション、ウェブブラウザ、およびデスクトップのリモート操作」の項目に入っているチェックを外します。

  • Webex Meetings Secure Meeting について

情報メディアセンターでは、Meetings を安全に行うための設定を用意しております。ミーティングのスケジュールを行う際に「ミーティングのタイプ」で「Webex Meetings Secure Meeting 」を選択することで、以下の設定でミーティングを行うことができます。

      • 主催者も参加者も画面共有・ファイル共有機能を利用できない

      • リモートコントロールを禁止する

画面共有機能を特に利用する必要もない場合は、(特に参加者側からの)意図しない動作を防ぐためにもSecure Meetings を利用されることをお勧めします。

Cisco Webex配信における制限事項・留意事項について

オンライン講義配信に伴う授業の作成においての、Cisco Webexの制限事項・留意事項について記します。OS(WindowsやMacなど)やツールに依存する録画ファイル形式、録画・保存、ダウンロードや視聴についての取り扱いについてWebex配信の制限事項をまとめます。また、Webexでの授業の作成において、とくにお問い合わせの多い留意事項についても記します。

ブラウザで利用される場合は、Firefox 52 以降またはChrome 65 以降を推奨します。ブラウザの違いによる制限は、以下のURLを参照してください。

https://help.webex.com/ja-jp/nki3xrq/Webex-Meetings-Suite-System-Requirements

15 分を超える動画のアップロード設定方法
https://support.google.com/youtube/answer/71673?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

  1. ミーティングを予定していても、主催者が入っていないと参加できません。主催者は授業開始前に、ミーティングを開始してください。あるいは、スケジューリングオプションの「代理主催者」にチェックを入れてください。


  1. 録画を「停止」し、再び録画を開始すると、別の新しい録画ファイルが生成されます。「一時停止」ボタンをクリックして、録画を「再開」する場合は、一つの録画ファイルとして録画ファイルが生成されます。

    例:90分の講義を、15分ずつ録画する場合は、15分ごとに「停止」することで、6つの別ファイルを取得できます。「一時停止」し「再開」した場合は、1つのファイルとなります。

  2. クラウド録画の場合(Windows PC, Mac PCにかかわらず)、Cisco Webexでの録画の生成には時間がかかっています。「生成中」の表示の後,一時的に録画のタイトルそのものが見えない時間が発生しますが、お待ちください。
    2020年5月2日現在、生成にかかる時間は短縮しておりますが、Cisco社のメンテナンス等の都合により時間がかかる場合がございます。

  3. WebexにアップロードしたMP4ファイルについては、ダウンロードにチェックをいれてもダウンロード出来てしまいます。MP4ファイルをダウンロード禁止にする場合は、以下の方法にてご利用ください。

  • YouTubeの限定公開を行う

  • Webexのコンテンツ共有でMP4を再生しながらクラウド録画を行う。

  1. 200MB999MB(7/28より変更になりました)以上のMP4ファイルをWebexにアップロードすることは出来ません。動画を分割いただくか、解像度(720p以下)やフレームレートを下げてファイルを小さくしてご利用ください。また、YouTubeの限定公開もご検討ください。